中古車を買う時に気になるのは、年式に付け加えて走行距離

中古車を買う時に気になるのは、年式に付け加えて走行距離になるでしょうね。一般的に、中古車の走行距離はというと、年間で1万km程度と考えられています。だから、10年間乗って10万km走行くらいが一般的なの中古車の走行距離になるということです。

新車などに買い替えをする場合に、今まで乗ってきた車を購入先のディーラーで下取りに出すパターンが数多くあると思います。

でも、ほとんどの場合、下取りでは満足な価格の査定をしてもらえないものなのです。

一方で、中古車買取り専門店に売却してみると、車を下取りに出した場合よりも、高額査定になる場合が多いです。

長年乗ってきた車をそろそろ買い替えよう、といった際には、あまり深く考えずにディーラーに任せる人は多いのですが、実はそうするよりも専門の買取業者を使った方が、金額的にはだいぶ得をすることが多いということが、一般に知られるようになってきました。以前であれば、お店に出向いて交渉しなければいけないところですが、今はそんなことをしなくても、パソコン、スマホなどを利用してネット上で査定額がどれくらいになるかを知ることができます。

それができるのが、車査定サイトと呼ばれるものです。利用方法は簡単です。

車種や年式、事故歴といった基本項目の入力を行なうだけで、ほんの数分後に入力されたデータと相場から引き出された、適正額がわかります。

買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でもその見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

大抵の場合、走行距離が長くなるにしたがって徐々に査定額がダウンしていくことになります。

走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は一般的に多走行車と呼んでいて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。総走行距離が10万キロを越えた場合には走行距離オーバーの「過走行車」という扱いになって、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。中古車の買取業者が見積もりの際にチェックする項目と言えば、大別するとどんな車種や色であるかの基本スペック、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、内装のキズや汚れ、および臭いの有無、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

これらの結果とオークションの相場などを判断して、見積額が提示されるのです。自動車査定の際、高額査定のポイントの一つに挙げられるのが、その車が人気があることです。市場での需要が高いと、仮に買い取ったときに買い手が見つかりやすく、高くても買いたい人が出てくることが多いので、査定ではじき出される価格が高くなる場合が多いことが予想されます。よく挙げられるのがアルフォードやワゴンR、フィット、ハリアーなどです。

これらはよく売れる車種です。

売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうことは、中古車を高く売るための基本です。では何社くらいに依頼すれば良いのかというと、3社の結果で満足する人もいれば不満が残る人もいるので、主観が入る部分もあるかと思います。わざわざ複数の査定を受ける目的は明らかで、比較検討するためと、競合を行わせ価格のつり上げを図ることです。

これらの点を踏まえれば、2、3社でも十数社でも問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

どんなケースでも車の査定は走った距離が短いほど査定の額は良くなります。走行距離が多い程に車が劣化するからです。だからと言っても、走行距離のメーターをいじってしまうと詐欺になりますから、走った分はもうどうしようもないです。今後は車を売りに出すときの事を考え、余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。

車体の下取り価格が下がる原因は、走行距離が平均して1年で1万キロを超えている、車色が好まれない、傷や汚れが目立つ、車の装備品が壊れている、車内での喫煙等が挙げられます。

さらに、車体に修理をしたことがある場合も下取り額に差が出る原因となります。仮に、修理歴があるとすると車体の下取り価格は非常に下がってしまいます。

車体に傷のある車を買取してもらう場合、普通、査定額は下がると思ってよいでしょう。

ですが、だからと言ってその傷を修復して買取に持ち込んでもあまりいいことはありません。プロの手で直してもらったとしても修理にかかる費用以上に査定額が上がることはないですし、自分で頑張って修復したりすると逆に査定金額が下がってしまうことがあるのは言うまでもありません。

下手に修復を試みるのではなく、現状をそのまま見てもらうのが結局一番良いでしょう。